トイレ交換はどこに頼むと良いのか?

img-1

トイレが古くなった場合、新しいものと替えることをイメージする人が多いでしょう。



トイレを含める水回りの修繕は費用が高くなることがあり、すぐに取り換えに掛かる総費用が頭をよぎるでしょう。



水回りの修繕に伴う懸念は、修繕後に水漏れが生じ、住宅そのものに不具合が生じると大きな損害となるため、高くてもしっかりとした業者に依頼したいと考える人が多いはずです。



しかし、長年、水道業者は、そのような利用者不安を幸いとして相場を高く設定したり、地方自治体指定の水道業者として安心感と引き換えに高い費用でトイレ交換を行ってきたのが現実でしょう。



近年、リフォームが盛んになると、リフォームを生業とする業者が多くなり、水回りリフォームもお値打ちに行うことも多くなってきました。

リフォーム業者は、請け負いを行ない、下請け職人や業者に仕事を依頼します。



水回りは水道業者、木作業は大工、タイルやブロックは左官職人、クロスやフロア関連は内装業者、電気関係が電気工事士、解体は解体業者へと個別の作業を下請け業者に依頼します。



それをまとめ、監督・管理、引き渡し、集金までを請け負うことがリフォーム業者の仕事となります。大型リフォームでなくとも、トイレのみのリフォームなども請け負います。その際には、現場調査をし、監督管理のもと下請け業者に作業をさせ、引き渡しとなります。
トイレ交換を水道業者に直接依頼する場合と、リフォーム業者に依頼する場合とでは、内容は何ら変わりがなく、ただ、リホーム業者に依頼したほうが、トイレ交換の費用は低くなるでしょう。
リフォーム業者は、それほど利益幅をとることがなく、さらに業者間の価格を比べる消費者心理をある程度わきまえていることがあるので費用が安くできるのです。


関連リンク

img-2
トイレ交換には一体いくらかかるのか?

洋式トイレをご利用の家庭で、トイレ交換にどのくらいの費用が掛かるか説明します。トイレ交換はどの業者に依頼するかによって費用が異なります。...

more
img-2
トイレ交換はどこに頼むと良いのか?

トイレが古くなった場合、新しいものと替えることをイメージする人が多いでしょう。トイレを含める水回りの修繕は費用が高くなることがあり、すぐに取り換えに掛かる総費用が頭をよぎるでしょう。...

more
top