トイレ交換には一体いくらかかるのか?

img-1

洋式トイレをご利用の家庭で、トイレ交換にどのくらいの費用が掛かるか説明します。



トイレ交換はどの業者に依頼するかによって費用が異なります。



一般に水道業者に依頼すれば、依頼者にメーカーカタログから好みのタイプのトイレ製品を選んでもらい、それを設置するということとなるでしょう。



トイレタリー製品には型番があり、型番別に定価が設定されていることが多く、定価と設置費用が掛かり、既設便器の解体処分に雑費などが含まれ、総額に対して値引きが少しあるという程度でしょう。



これをリフォーム業者に依頼すればどうなるかと言えば、工賃は業者別に設定方法が異なり、製品によっても異なるでしょう。ただし、製品に関しては、リフォーム業者は圧倒的に安く仕入れるでしょう。



リフォームビジネスは現在、巨大な市場を形成しており、昭和50年代から60年代の高度成長期にかけて建築された建物がリフォームを検討する世帯が多く、立て替えに比べて費用が低く、税金の面でも大きく負担が軽減できることから、消費増税前に検討するお宅が多いようです。

とくに、水回りは費用が高くなるので、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることは常識となり、リフォーム業者は仕事獲得のために、仕入れを安く抑えたり、工賃を抑える反面、仕事の量に拘ることが多いため、総費用を安くお値打ち感を前面に出すことが多いのでしょう。



とくに、トイレ交換のみであれば、現在のものを取り外し、新たな製品設置を行なうという簡単な作業で、製品の価格が安ければ安い費用でトイレ交換が可能となるのでしょう。

関連リンク

img-2
トイレ交換はどこに頼むと良いのか?

トイレが古くなった場合、新しいものと替えることをイメージする人が多いでしょう。トイレを含める水回りの修繕は費用が高くなることがあり、すぐに取り換えに掛かる総費用が頭をよぎるでしょう。...

more
img-2
トイレ交換でリフォーム業者を選択するわけとは

トイレ交換をする世代でもっとも多いのが高齢者世代です。現在は和式トイレは非常に少なくなったのですが、現在でもご自宅でこれを使用するところもあるでしょう。...

more
top